読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶらタムリ

ESOのタムリエルで散歩や考察

Khenarthi's Roost 海岸沿い その5

いやいや、お久しぶりです。

実に1ヶ月振りです。

体長不良で馬の餌やりもまともに出来ず。

1週間分くらい好物をあげたい。ほらー、ニンジンだよ〜。

 

 

 

それでは、やっと今回が最後の Khenarthi's Roost 海岸沿い。

 

南端=時計の6時から、ぐるりと12時へ北側の町 Mistral が終点のコースです。

 

意外とむごい死体が多いのでご注意を。

 

さて、時計で言うと10時の方角に

Bolga's hunting camp があります。

海沿いの小高い位置にテントが張ってある場所です。

 

この Khenarthi's Roost のベストセラーと思われる「Bolga's Guide to Island Beast」の作者 Bolga ボルガさんの宿泊地…なのでしょう、場所の名前からして。

 

Khenarthi's Roost には、ボルガさんらしき人は見当たらないのと、いつ書かれた本か不明なので生きているのかも謎です。

 

ちなみに、この島にはざっと見た限り6ヶ所にあったので、かなり読まれてるのではないかと思います。

 

hunting beast とあるように、モンスターの解説ではなく、狩りの対象について書かれた本ですね。肉の味も書かれているので、なるほど〜と思います。 

 

美味しいと言われるスキーヴァよりも、アリットの方を食べてみたい。

game =ジビエっぽいと解説にあるので、臭みとクセがかなりあるものと思われますが…

シチューとか、カレーとか美味しそう!

と思いつつ虐殺する瞬間。

 

あ、ちなみにアリットは red meat を落とします。牛と同じだ。

 

グァーの小さな子の場合は鳥肉を落とすので、鳥肉の味なのでしょう。…こちらは可愛いので虐殺には向かない、けど美味しそう。

 

しかも、ここはレア魚も釣れるんですよ。

ハンターボルガさん、抜かりがない。

美味を知っている。

 

まあ、ボズマーも釣れるようなんですが…

 

ハンター本の割には、thunder bug の味が書かれていないのが惜しい。

シビれる旨さとかだったらどうしようと思いつつ、肉は落とさないので不明。

なお、卵は甘くて美味しい模様。

 

どうでも良いことですが、更に北に進んだところにある町、Mistral。

西側から入るとすぐ空き家があります。ここの本棚に高確率で現れるのが、Abnar Tharn 氏の料理人の本です。

 

何このグルメな配置。

 

それはさておき、この作者ボルガさん。

実はオークなんですね。

 

 Bolga gra-Bur

がフルネーム。

真ん中の gra がオーク女性を表して、後ろの Bur が族というか、出身村らしい。

 

とはいえ、同じ村のオークでも同じ名前では無いことが多いので、どうなのだろう??

 

Khenarthi's Roost を走り回ってみたけれど、Mistral に傭兵らしきオーク女性がいるのみで、他にオークが見当たらない。

 

Mistral のハンターとわざわざ名乗っているので、住んでいたとは思うのですが。

どういう経緯で来たのか謎です。

でも、きっと楽しかったり、美味しかったんだろう(笑)

 

 

長くなりましたが、Khenarthi's Roost 海岸沿い散歩は終わり。

Mistral が終点。

朝日さす頃、西側から Mistral を見るのがキレイです。

ロード画面の画像もこの場所です。

 

ではまた、次回のお散歩で。